今日12月11日(火) 【胃腸の日】 「胃に良い→いにいい(1211)」の語呂合わせ。日本大衆薬工業協会が2002年に制定。

NEM(ネム)とは?コインチェック巨額流出事件で有名になった仮想通貨をわかりやすく解説

仮想通貨, 超初心者向け<仮想通貨って何?>

コインチェック巨額流出事件で、一気に有名になった仮想通貨NEM(ネム)。

そもそもNEMって何?という方のために、

わかりやすく解説してみました!

NEM(ネム)とは?

ビットコインなどの仮想通貨の一つです。(仮想通貨って何?はこちら

NEMはその名前の由来ともなった、

New Economy Movement(新しい経済運動)

を目指している通貨です。

 

ビットコインが「通貨」としての機能を目指しているのに対して、

NEMは通貨以上の機能、つまり「ブロックチェーン」の更なる活用を目指しています。

わかりやすく言うと、「意識高い系通貨」です。

 

NEM(ネム)は通貨を発行できる?

NEMは独自の仮想通貨をNEMで作成する事ができます。

オリジナルの仮想通貨を発行できる仮想通貨は他にもありますが、

NEMはその発行した仮想通貨に「しるし」をつける事ができます。

 

その「しるし」は、ネームスペースと呼ばれており、

インターネットで言う「ドメイン」のようなものです。

この「しるし」をつける事で唯一の存在だと証明することができます。

たとえば、「YUNOCHE」というしるしを先につけた場合、

「YUNOCHE」という名前の通貨は誰も発行することができず、

「YUNOCHE」の発行者は世界で私ひとりになります。

 

ドメインと同じですね。

 

唯一無二の「しるし」をつけられることから、

Twitterで言う偽アカウントのようなものが生まれず、

偽造を防ぐことができます。

 

NEM(ネム)に採用されている「PoI」って何?

NEMの大きな特徴として、ブロックを作成する時の参加者の合意形成システムに

「プルーフオブインポータンス(Proof of Importance)」を採用している点です。(通称「PoI

ビットコインは、取引があった際、その取引が「正」であるか「誤」であるかを「マイナー」と呼ばれる人たちが判断します。

 

ここで問題になるのが、「マイナー」は誰でもなれるわけではなく、

膨大な電気代を負担できたりスーパーコンピューターを用意できる人(組織)、

に限られてしまうという点です。

その結果、ブロック作成には報酬があるため、

お金持ちがさらにお金持ちになる、という構図になってしまい、

一般的な人がお金持ちになる機会を奪ってしまいます。

 

これに対し、NEMはブロックの作成者を「重要度」で選びます。

重要度はNEMの通貨であるXEM(ゼム)の「保有数」、「取引数」などで決まります。

もちろん、お金持ちが選ばれる可能性もありますが、様々な判断基準のもと次のブロック作成者を選ぶため、お金持ちではない一般の人も同じように選ばれる可能性があります。

 

このことからも、NEMが富の再分配、

New Economy Movement(新しい経済運動)

を目指しているというのがわかります。

 

NEM(ネム)の発行量とブロック作成時間は?

NEMは全発行量が「約90億XEM」と決められており、

既にその発行は終了しております。

つまり、これ以上XEMが増えることはありません。

したがって、ブロック作成の報酬は、採掘されたコインではなく、「取引手数料」が報酬として支払われます。

 

NEMのブロック作成時間は約1分です。

ビットコインのブロック作成時間は約10分なので、ビットコインよりもかなり速く送金できます。

 

NEM(ネム)はどこで購入できるの?

NEMの通貨である「XEM」が購入できる国内取引所は

Zaifとコインチェックです。

どちらも取引所がサイバー攻撃を受けた際の補償についてまだ明確にしていないので、

購入の際は慎重に判断して購入しましょう。