今日11月19日(月) 【鉄道電化の日】 1956年11月19日に東海道本線の京都駅 – 米原駅間が電化し、東海道本線が全線電化されたのを記念して、1964年に鉄道電化協会が制定。

大恋愛 2話、3話ドラマ無料ムロツヨシ動画!視聴率や感想も

2018年11月12日エンタメ2018秋ドラマ, 大恋愛~僕を忘れる君と, 金曜日

10月12日(金)夜22時にスタートしたドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」

今回は、「大恋愛」の2話の感想と視聴率、3話のあらすじと無料視聴方法をまとめていきます。

「大恋愛」2話の感想は?

あらすじは下記になります。

真司(ムロツヨシ)のアパートへ急ぐ途中、交通事故に遭ってしまった尚(戸田恵梨香)。病院へ運ばれ検査するも、幸い大きなケガはなかった。だが、偶然、尚のMRIを目にした侑市(松岡昌宏)は、尚の脳に軽度認知障害の兆候を感じ取っていた・・・。
交通事故に遭ったことなど気にしていない様子の尚が、真司と一緒にアパートで過ごしていると、侑市から連絡が入り会う約束をする。結婚を自分勝手に破談にしてしまったことに負い目を感じていた尚だったが、侑市がまさか自分の脳に起こっている異変に気付いたとは思ってもいなかった。
翌日、婚約解消の話を進めるつもりで侑市に会った尚は、軽度認知障害の疑いがあると聞き、簡単な“物忘れ検査”を受けることに。
一方、尚の母・薫(草刈民代)は一人で真司のアパートを訪ねていた。そして「娘と別れてほしい」と真司に手切れ金の入った封筒を手渡し…。 

「大恋愛」2話の視聴率は?

「大恋愛」1話の視聴率は、10.4%
「大恋愛」2話の視聴率は、10.6%

「大恋愛」3話のあらすじは?

あらすじは下記になります。

自分がやがて若年性アルツハイマーになってしまうことを真司(ムロツヨシ)に告白した尚(戸田恵梨香)。
尚を病気ごと受け入れる覚悟をした真司だったが、その先に待ち受ける困難をまだ予想できないでいた。
真司と一緒に暮らすことになった尚は、自分の貯金で古くて狭い真司のアパートから、新しいマンションへ引っ越したいと言い出す。
お金には困ったことのない尚の価値観に戸惑いを隠せない真司だったが、ようやく二人の関係を許すことにした薫(草刈民代)にも引っ越しを勧められ、尚の実家近くで新居を探すことに。
そんな中、尚の主治医が元婚約者の侑市(松岡昌宏)であることを知った真司は、一人で侑市のもとを訪ねるが…。
一方尚は、病気になった以上、これまでのようには診察を続けられないと薫に申し出る。
侑市と話した真司は、思いつめた様子で預金通帳の少ない残高を見つめ…。

「大恋愛」2話を無料で見る方法は?

無料で見れる動画配信サービスはこちら