今日11月19日(月) 【鉄道電化の日】 1956年11月19日に東海道本線の京都駅 – 米原駅間が電化し、東海道本線が全線電化されたのを記念して、1964年に鉄道電化協会が制定。

大恋愛 4話、5話ドラマ無料ムロツヨシ動画!視聴率や感想も

2018年11月12日エンタメ2018秋ドラマ, 大恋愛~僕を忘れる君と, 金曜日

10月12日(金)夜22時にスタートしたドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」

今回は、「大恋愛」の4話の感想と視聴率、5話のあらすじと無料視聴方法をまとめていきます。

「大恋愛」4話の感想は?

あらすじは下記になります。

侑市(松岡昌宏)へのコンプレックスから、少しでもお金を稼ごうと無謀なアルバイトで倒れてしまった真司(ムロツヨシ)。
病院に駆け付けた尚(戸田恵梨香)に正直に打ち明け、愛を確認し合った。
だが…、尚は真司に抱きしめられながらも、誤って侑市の名前を呼んでしまう。
名前を間違ったことに気づいていない尚。“侑市”と呼ばれた真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをするが…。
一方尚は、日常生活での失敗が増え病気の進行を自覚する中で、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になる。
翌日、退院した真司と尚のもとに、引っ越し屋の先輩・木村(富澤たけし)が、職場に置いたままだった真司の荷物を持ってやってくる。
真司が小説家だったことを知らない木村に、尚は嬉しそうに真司の著作「砂にまみれたアンジェリカ」を手渡すのだった。
そんな中、レディースクリニックで尚が診察していた患者が、尚の病気に気づいて…。

「大恋愛」4話の視聴率は?

「大恋愛」1話の視聴率は、10.4%
「大恋愛」2話の視聴率は、10.6%
「大恋愛」3話の視聴率は、10.9%
「大恋愛」4話の視聴率は、9.6%

「大恋愛」5話のあらすじは?

尚(戸田恵梨香)に、「別れよう」と伝えた真司(ムロツヨシ)。それは、尚の病気のことを考えて出した、苦渋の決断だった。
娘の様子を見て心配した薫(草刈民代)は、事情を聞こうと真司のもとを訪れるが・・・。
尚と顔を合わせたくない真司は、木村(富澤たけし)の計らいでバイト先の倉庫に泊まることに。
尚は、どうにかして真司と話そうと、バイト先を訪れるが、真司に気を使った木村が追い返してしまうのだった。
メールを送っても真司が待ち合わせに現れることはなく、尚はいつもの居酒屋で一人ぼっち。
そして、真司から尚宛ての宅配便が届いたある日、真司のアパートからは全ての荷物が撤去されていた。
それから、半年後・・・。

「大恋愛」4話を無料で見る方法は?

無料で見れる動画配信サービスはこちら