今日12月10日(月) 【ノーベル賞受賞式の日】 アルフレッド・ノーベルの忌日にちなむ。

義母と娘のブルース8話、9話ドラマ無料 綾瀬はるか動画!視聴率や感想も

2018年9月9日エンタメ2018夏ドラマ, 義母と娘のブルース

義母と娘のブルースのタイトル画像です


今回は、義母と娘のブルースの8話の感想と視聴率、9話のあらすじと無料視聴方法をまとめていきます。

「義母と娘のブルース」8話の感想は?

亜希子 (綾瀬はるか) が考えたプランに従い、麦田 (佐藤健) は焼きたてパンを提供し、一時は客足も伸びたように見えていた 「ベーカリー麦田」 だったが、その作戦が仇となってしまい客足が遠のいてしまう。
このままではまずいと考えた亜希子は、「ベーカリー麦田」 を一度閉店し、リニューアルオープンすることを発案!
早速、宮本家に主婦仲間を集め、「ベーカリー麦田」 のパンについて意見交換会を開く。
意見交換をするうちに、先代の作るパンは今の麦田が作るパンにはない 「何か」 があったことに気づくが…。

一方、リニューアルに向け改装準備に取り掛かる亜希子の一生懸命な姿を見て、みゆきは自分も全力で楽しいことを見つけようと考え始める。

そして、「ベーカリー麦田」 を立て直すには、先代のパンの味を復活させることと考える亜希子に対し、みゆき (上白石萌歌) は 「もっとお店に行くのが楽しくなる空間にしたい」 と提案する。
みゆきにも、少しづつ亜希子の再就職に秘められた想いが伝わってきていた。
はたして、無事リニューアルオープンの日を迎えることができるのか… !?



「義母と娘のブルース」8話の視聴率は?

第1話『義母と娘のブルース』視聴率は11.5%
第2話『義母と娘のブルース』視聴率は11.3%
第3話『義母と娘のブルース』視聴率は12.4%
第4話『義母と娘のブルース』視聴率は12.2%
第5話『義母と娘のブルース』視聴率は13.1%
第6話『義母と娘のブルース』視聴率は13.9%
第7話『義母と娘のブルース』視聴率は15.1%
第8話『義母と娘のブルース』視聴率は15.5%


「義母と娘のブルース」9話のあらすじは?

いよいよ 「ベーカリー麦田」 の新装オープンの日を迎える。
麦田 (佐藤健) と共にパン職人の基本を学び直した 亜希子 (綾瀬はるか) は、亜希子ならではのある秘策と元戦国部長の名にふさわしい営業攻撃を繰り広げ、みゆき (上白石萌歌) と大樹 (井之脇海) をはじめ、下山 (麻生祐未) や 晴美 (奥貫薫) みんなの協力の下、「ベーカリー麦田」 は 「キムタヤ」 への第一歩を踏み出す。
そんな中、店の再興に向け苦楽を共にしながら楽しそうな亜希子と麦田を見て、みゆきは、麦田が亜希子のことを好きなのではないかと思い悩んでいた。
父・良一 (竹野内豊) がいなくなって9年。ずっと自分のそばにいてくれた亜希子の愛情改めて実感しながらも、戸惑いを隠せず大樹に打ち明けるのだった。
年が明け、「ベーカリー麦田」 は、亜希子が想像した通り順調に客足を伸ばしていき、みゆきの大学受験へ本腰を入れる時期になっていく。
ある日、ハートのロールパンが話題となり、店に 友井 (川村陽介) の撮影隊のテレビ取材が入ることに。取材が入ることで、やる気が漲る麦田。その熱が入りすぎている麦田の想定問答を見かねた亜希子は、本番、テレビクルーの前で予想外の発言をする。
亜希子からの思いがけない発言を聞いた麦田は、この勢いをバネにして、ついに亜希子へ自分の想いを伝えることにするが…



「義母と娘のブルース」8話を無料で見る方法は?

無料で見れる動画配信サービスはこちら