今日11月19日(月) 【鉄道電化の日】 1956年11月19日に東海道本線の京都駅 – 米原駅間が電化し、東海道本線が全線電化されたのを記念して、1964年に鉄道電化協会が制定。

下町ロケット2 4話、5話ドラマ無料 阿部寛動画!視聴率や感想も

2018年11月5日エンタメ2018秋ドラマ, 下町ロケット(2期), 日曜日

10月14日(日)10時に放送スタートしたドラマ「下町ロケット2 」

今回は、「下町ロケット2」の4話の感想と視聴率、5話のあらすじと無料視聴方法をまとめていきます。

「下町ロケット2」4話の感想は?

ギアゴーストの協力のもと、新作バルブシステムの開発も順調に進み、最後の難関である燃焼実験のみとなっていた。 そんなある日、帝国重工の水原(木下ほうか)に呼ばれた佃(阿部寛)は、信用調査を受け入れなければならないと告げられる……。その背景には、ギアゴーストとの買収話が関わっているという。

信用調査の当日、殿村(立川談春)が自宅を出ようとすると、父・正弘(山本學)が倒れてしまい、緊急手術に。殿村不在のなか、帝国重工の審査部信用管理室の安本(古坂大魔王)に詰められる佃製作所メンバーは、指示された覚えのない書類の不備で窮地にたたされる―。
果たして佃製作所はこのピンチをどう乗り切るのか!

「下町ロケット2」4話の視聴率は?

「下町ロケット2」1話の視聴率は、13.9%
「下町ロケット2」2話の視聴率は、12.4%
「下町ロケット2」3話の視聴率は、14.7%
「下町ロケット2」4話の視聴率は、13.3%

「下町ロケット2」5話のあらすじは?

ついにギアゴーストはケーマシナリーとの特許侵害訴訟・第一回口頭弁論の日を迎えた。伊丹(尾上菊之助)、島津(イモトアヤコ)らギアゴーストの社員、佃(阿部寛)、退職を決めた殿村(立川談春)ら佃製作所の社員が見守る中、運命の判決はいかに……。

一方、的場(神田正輝)の指示でスターダスト計画から離れることになった財前(吉川晃司)の次に進む道は、ロケットに関わる新事業開発の部署であった。
ひょんなことから、佃製作所の社員たちと殿村家の稲刈りを手伝うことになった財前は、改めて重要なことに気づかされる。

「下町ロケット2」4話を無料で見る方法は?

無料で見れる動画配信サービスはこちら