今日12月11日(火) 【胃腸の日】 「胃に良い→いにいい(1211)」の語呂合わせ。日本大衆薬工業協会が2002年に制定。

東京の桜スポット2018「野川の夜桜」ライトアップ見てきました!

お出かけ

SNSを徘徊していたら見つけてしまったこの口コミツイート

見つけたらもう行くしかない!(なぜ!?)

ということでいってまいりました。

東京都調布市にある野川

野川は調布市のお花見スポットみたいだ。

これまでこっち方面はなかなか来る機会がなかったので、来られて楽しかった!

新しい場所ってテンションあがりますよね。

野川でお花見、さらに夜桜ライトアップ

野川の両脇が桜並木になっているんだけど、毎年一日だけ夜のライトアップが行われているらしい。(2018年はは3月30日(金)の18:00~21:00のみ)

しかも、その一日は、桜のピークに合わせるために直前で発表されるんだとか。

つまり、さくらの咲く気分と運営サイドの日程調整と自身のスケジュールが合致しないと見ることができないという、なんともロマンチックなお花見なのである。

 

いざ行ってみると、

野川に行くまで、駅から列ができているんだけど、

「テレビの力ってすごいんだね〜」

とか、

「去年はこんなにいなかったのにね〜」

とか、

「マツコさんが言うから〜」

とか、

聞こえてきました笑。

どうやらマツコさんがテレビで野川の夜桜が日本一綺麗、と発言されていたみたいで、これまで、野川の桜に注目していなかった、ミー&ハー諸君たちがこぞっておしかけたようです。

はい、もちろん私も含めて笑

実際見た感想

とにかく人が多かったんですが、普段なかなか見れない白い光でライトアップされた桜はとても綺麗でした!

歩いていくと、桜を下から見上げたり、反対側の桜を見渡せたり、桜尽くしで大満足でした。

みなさん、スマホやカメラで写真撮りまくってました。

写真好き、カメラ好きの方には堪らない撮影ポイントだったのではないでしょうか。

人は多いけど、殺伐とした感じもなく、土地の品の良さが出ていたような気がします。

なぜ一日だけなの?

野川の夜桜ライトアップが始まったきっかけについて引用します。

野川桜ライトアップは、もともとは「アーク・システム」という、映画撮影やTVコマーシャル用の照明機材をレンタルする会社が、社員の花見用に私的にライトアップしたのが発端でした。

最初は桜一本だけのライトアップでしたが、その美しさが近所で評判を呼び、二本~三本と増やしていって、ついには「野川の桜ライトアップを楽しむ会」という市民ボランティア組織も誕生して、現在のような大きな桜ライトアックのイベントとなりました。
2015年の開催で24回目のライトアップになります(2011年は東北大震災で中止)。

現在は、調布市佐須町三丁目付近の野川遊歩道に沿って、三鷹通りの「榎木橋」から下流方向の「細田橋」まで850mの区間に渡って、両岸に約250基の照明機材を設置してライトアップが行われています。

引用:多摩川散歩

一日だけなのは、一企業による無償の有志のためだと思われます。

一日だけでも桜が好きな人達のために、自費でライトアップするなんてとっても素晴らしいことですね。

また、この一日だけというのが、すぐに散ってしまう桜の儚さと被っていて、よりいいイメージになっているような気がします。

また来年も見れるでしょうか。

今年スケジュールが合わず見れなかった人も、ぜひ来年は野川の一夜限りのライトアップ夜桜を堪能してみてください。

野川の夜桜基本情報

住所:東京都調布市佐須町3-26-7
アクセス:ライトアップ会場へは、京王線の布田駅北口、国領駅、柴崎駅から徒歩で約15分。調布駅からバスで行く場合は、八雲台バス停で下車し、徒歩約5分。
引用:ORICON NEWS