今日12月11日(火) 【胃腸の日】 「胃に良い→いにいい(1211)」の語呂合わせ。日本大衆薬工業協会が2002年に制定。

新宿の穴場wi-fiカフェ「ツタヤブックアパートメント」がおすすめ!

2018年8月7日お出かけ

TSUTAYAが2017年12月に新宿にオープンした、くつろぎ空間「ツタヤ ブック アパートメント(TSUTAYA BOOK APARTMENT)」に行って来たのでご紹介します!

無料wi-fi、24時間・深夜営業、電源コンセント付き、カフェのようにお茶も飲める。さらにコワーキングスペースやシャワールームも完備!

まさに「都会のオアシス」

実際に行ってみてどう感じたのかレポートします!

場所はどこ?

簡単に説明すると、

「紀伊國屋書店の向かいにあるカラオケ館、その隣にある1階がスタバの建物の4Fです」

アルタのある新宿東口ですね。
他のサイトではかなり駅から近いと紹介されていますが、初めて行くと探すのにそれなりに時間がかかります。

住所から探すよりも、上記のように大体の場所を頭に入れて行くと良いでしょう。

利用方法・使い方は?

これはかなり戸惑います。
受付の店員さんもかなり忙しそうにしていたので、システムは複雑ということでしょう。

ざっくりいうと、

 

1時間500円で、5Fの共用エリアが使える。
(wi-fi無料、紅茶やお茶無料、本読み放題)

1時間600円(500円+100円)で、4Fのコワーキングスペースが使える。
(wi-fi無料、iMacやプリンタの利用無料、ビジネス書や技術書など読み放題)

1時間1000円(500円+500円)で個室利用ができる。

※プラス料金は時間毎の課金ではなく、1回の利用につき発生

 

といった感じです!6Fは女性専用エリアになっているみたいです。

ここも+100円の利用料が取られますが、メイクを落としてくつろげたりと女性にとってはありがたいのではないでしょうか。

4Fで受付を済ませるとカードキーがもらえます。これを携えて自身が選んだエリアに向かいます。

利用してみた感想は?

今回は、5Fの男性・女性共用スペースを1時間利用しました。

正直、受付の煩雑さにかなり不安になっていました。

ところが、5Fを利用してみるとやっぱりかなりいいです。

なにより、5Fに入ってすぐ靴と荷物をロッカーに預け、スリッパに履き替えるのですが、これがかなり楽です。

ほんとに家にいるような気楽さで東京のど真ん中にいる事を忘れてしまいそうです。

5Fはグランピングをイメージした作りになっているのですが、居心地の良さが細かく研究されていて、落ち着きます。

アロマの香りがただよってきたり、癒やしのBGMが流れてきたり、ずっとここにいたいと思わせられました。

お客さんは若めのカップルやフリーランスのデザイナーさんぽい方がいました。

混んでいると聞かされていましたが、座る場所もあり、十分に満喫できました。

蔵書がいい感じ

本の事業を多数展開してきているTSUTAYAだけに蔵書のセンスがとてもよく、何気なしに本棚を見ているだけでも読みたい本が出てきます。

なので、特に目的がなくきて本を物色したり

煮詰まった時にアイデアやひらめきを見つけに来るのにいいなと思いました。

値段もよく考えれば、カフェのコーヒー一杯分と大差ありません。

いきなり長時間パックに入るのは勇気が要ると思うので、

1時間お試しではいってみて、どんな感じか体感してみるのがいいと思います。

お店の情報

店名 TSUTAYA BOOK APARTMENT
営業時間 24時間営業
住所 東京都新宿区新宿3-26-14 新宿ミニムビル 4-6F
最寄り駅 新宿駅東口・新宿三丁目A5番出口から徒歩一分
電話番号 03-5315-4077

↓こちらの記事もご覧ください
1.新宿の無料Wi-Fiカフェ「ブルックリンパーラー」が文句なしの満点!
2.全席電源WiFi完備!新宿穴場カフェ「Caffice」がおすすめ!
3.東京新宿で肉寿司を食べるならここ!「新宿三丁目 肉寿司」が最高に美味しかった件