今日11月19日(月) 【鉄道電化の日】 1956年11月19日に東海道本線の京都駅 – 米原駅間が電化し、東海道本線が全線電化されたのを記念して、1964年に鉄道電化協会が制定。

中学聖日記3話、4話ドラマ無料 有村架純動画!視聴率や感想も

2018年11月3日エンタメ2018秋ドラマ, 中学聖日記, 火曜日




10月9日(火)10時に放送スタートしたドラマ「中学聖日記 」

今回は、「中学聖日記」の3話の感想と視聴率、4話のあらすじと無料視聴方法をまとめていきます。

「中学聖日記」3話の感想は?

あらすじは下記になります。

「先生のこと、好きになっちゃいました」――。
晶(岡田健史)から突然告白された聖(有村架純)。だが聖はその言葉を受け流していた。
ある日、聖と勝太郎(町田啓太)両家の顔合わせが急遽開かれることに。勝太郎が仕事のトラブルで遅れる中、聖は両家の親に教師としての思いを伝えるも、いずれは仕事をやめるように言われ悩む。
そんな中、晶から再び気持ちを伝えられた聖は晶の真っ直ぐな表情に困惑する。
そして、子星中学校の体育祭が幕を開ける。聖に避けられ続けていた晶は大胆な行動に出て…。



「中学聖日記」3話の視聴率は?

「中学聖日記」1話の視聴率は、6.0%
「中学聖日記」2話の視聴率は、6.5%
「中学聖日記」3話の視聴率は、6.2%


「中学聖日記」4話のあらすじは?

勉強合宿で、晶(岡田健史)への特別な感情に気付いた聖(有村架純)。彼女を心配する千鶴(友近)は、「生徒に本気になったら終わり」と諭す。
自分の想いは一時のものだと、聖は気持ちを新たに教師として晶に接する。
一方、諦めきれない晶は、「花火大会のあとに会いたい」と聖にメールをする。
そんな2人の関係を愛子(夏川結衣)が疑い始め…。

夏休みが始まり、つかの間の休日、聖はウェディング雑誌を読みながら挙式の準備を進める。その頃、勝太郎(町田啓太)は原口(吉田羊)と二人きりで海外出張に出かけていた。勝太郎は、聖に誰か他に惹かれている人がいないか、ハッキリさせるよう原口に迫られる。

そして花火大会の夜、見回りで会場へ来た聖は、晶の意外な姿を目撃する。
さらに、勝太郎と原口も会場に訪れ、波乱の夜が幕をあける…。



「中学聖日記」3話を無料で見る方法は?

無料で見れる動画配信サービスはこちら