今日12月11日(火) 【胃腸の日】 「胃に良い→いにいい(1211)」の語呂合わせ。日本大衆薬工業協会が2002年に制定。

スギ花粉症を完治・根治できる舌下免疫療法とは?費用や期間、方法等

花粉症

花粉症の薬は、アレルギーの免疫作用を抑えるものがほとんどです。

症状が発生してから、その症状を極力抑えるというものです。

これに対し、舌下免疫療法は花粉症を予防し症状の発生を防ぐものです。

これまで難しいとされていた花粉症の根治が可能になったのです。

それでは舌下免疫療法について詳しくみていきましょう。

スギ花粉症の舌下免疫療法とは?

舌下(ぜっか)、その名の通り舌の下にスギのエキスを投与し体内に吸収させます。

最初は低い濃度から始め、徐々に濃度を高めていきます。

これは、アレルギーの原因物質を少しずつ体内に吸収されることで、アレルギー反応を弱めていく治療法です。

こうした免疫療法は、1960年から注射による皮下免疫療法が行われてきましたが、注射の痛みがあることと通院が大変だという問題を解決すべく、様々な臨床研究を行い、2014年に晴れてスギ花粉症の舌下免疫療法が保険適応となりました。

・どうやって舌下免疫療法を行うの?
シダトレンという名前のスギ花粉を抽出した薬が発売されました。舌下(舌の裏)にこの液を滴下します。舌下に保持したまま2分間そっとしておき、その後に飲み込みます。これを最初の2週間で量を増やしていき、3週目からは同じ量の薬を毎日舌下投与します。1回目の舌下投与は医療機関で行ないますが、以降は毎日自宅で行ないます。
引用:ゆたクリニック

舌下免疫療法はどこでどうやって始めるの?

舌下免疫療法は保険適応された治療ですが、処方する医師はあらかじめ講習を受ける義務があります。

そのため、どこの医療機関でもできるわけではありません。

どこに行けば舌下免疫療法を受けられるかについては、発売薬品会社のホームページなどをチェックし、治療を行っている病院で受診しましょう。

なお、採血などの検査でスギ花粉症であることを明確に証明すること、検査などで舌下免疫療法の治療の適応と判断されることが治療開始の条件となります。

本当に花粉症が治るの?

舌下法で根治するのは20%と言われています。

少しの症状があったがとても良かったという人が30%。

効いたという人が30%。なので全体の80%以上の人に有効です。

ただし、誰でも根治するわけではなく、この方法でより花粉症の症状がよくなることが目的とされています。

Twitterでは舌下免疫療法でほぼ完治した口コミがありました。

治療はいつでも始められるの?

スギ花粉の舌下免疫療法は時期が決められています。

安全に治療を行うために、スギ花粉の飛散する前後に舌下免疫療法は開始できません。

1月から5月までは治療が開始できず、6月〜11月中旬までの治療開始が望まれます。

治療の期間はどれくらいかかるの?

舌下免疫療法は始めたらすぐに効果の出るような治療ではありません。長期間の治療となります。

まずは、2年ほど舌下免疫療法を行い効果を確認します。

そこである程度効果があれば合計4〜5年程度の治療となります。

治療費用はどれくらいかかるの?

舌下免疫療法は病院での治療費と薬代を合わせて一ヶ月あたり2,000円〜2,500円程度の負担になります。(3割負担の場合)

1年を通じて継続的に治療を行うので、毎月ほぼ同額の治療費となります。

治療開始前の検査や1年に1回程度の検査が必要となりますが、その際には5,000円程度の検査費用がかかります。

まとめ

舌下免疫療法を使えば、体質改善によって花粉症の発症自体を抑えることができます。

ただ、治療は長期に渡るので即効性のある治療ではありません。

そうはいっても、以前は注射による皮下免疫療法しか存在しなかったので、毎回病院に行かずとも自宅で、自身でスギのエキスを投与できる舌下免疫療法はとても画期的だと言えると思います。

治療費も通常の花粉症の薬よりも安価に設定されているので、毎年花粉症に苦しまれている方は長い目でみて今年から初めてみるのもいいかもしれませんね。

選択肢が増えたことが何より嬉しいことなので、こういった治療方法があるということだけでも覚えておきましょう。

花粉症対策記